GIS奮闘記

現役GISエンジニアの技術紹介ブログ。主にPythonを使用。

Shapeファイルをマップドキュメントに追加してTiff出力を行うPythonスクリプト

Shapeファイルをマップドキュメントに追加してTiff出力を行うPythonスクリプトを作ってみました。GeoTiffにもできるっぽいでのそのうちチャレンジしたい!

 

# ArcPy 、os モジュールのインポート
import arcpy,os

# フィーチャクラスの指定
inFC = r"C:\Temp\Shape\sample.shp"

# ジオプロセシング処理の出力ファイルを上書きを有効にする
arcpy.env.overwriteOutput = True

mxd = arcpy.mapping.MapDocument("Current")
df = mxd.activeDataFrame

# データ フォーマットによるレイヤ名の指定
if inFC.endswith(".shp"):
    outLyrName = os.path.basename(inFC)[:-4]
else:
    outLyrName = os.path.basename(inFC)

# レイヤを追加
addLyr = arcpy.MakeFeatureLayer_management(inFC,outLyrName)

# Tiffで出力
arcpy.mapping.ExportToTIFF(mxd,r"C:\Temp\Tiff\sample.tif")